• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

企業が証券会社に資金の運用を一任する特定金銭信託。通常の特定金銭信託では委託者(企業)が信託財産の運用を指図するが、営業特金では委託者から一任された証券会社が行った。また、証券会社が委託者に一定の利回りを保証したり、損失の補塡 (ほてん) を行ったりした。1980年代に活発に行われたが、後に禁止された。