[動カ五(四)]

  1. ひどく悲しむ。悲しんで泣く。悲嘆にくれる。「身の薄幸を―・く」「友の死を―・く」

  1. 世の風潮などを憂えて憤る。慨嘆する。「現今の世相を―・く」「倫理観の喪失を―・く」

  1. 心にかなわぬことがあって、ため息をつく。嘆息する。

    1. 「君が行く海辺の宿に霧立たば我 (あ) が立ち―・く息と知りませ」〈・三五八〇〉

  1. 心から切に願う。哀願する。

    1. 「世の中にさらぬ別れのなくもがな千代もと―・く人の子のため」〈古今・雑上〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース