[動サ下一][文]む・す[サ下二]
  1. 飲食物や煙が気管にはいるなどして、息苦しくなったりせきこんだりする。むせぶ。「香水のかおりに―・せる」「急に水を飲んで―・せる」

  1. 悲しみなどのために胸がふさがる。

    1. 「言問はむよしのなければ心のみ―・せつつあるに」〈・五四六〉

出典:青空文庫