[名・形動]

  1. からだを思うように動かして、芸事・工作などをうまくこなすこと。また、そのさま。「手先が器用だ」「器用に箸 (はし) を使う」

  1. 要領よく、いろいろな物事を処理すること。また、そのさま。「何事も器用にこなす」

  1. 抜けめなく立ち回ること。また、そのさま。「世渡りが器用だ」

  1. 不平不満なく、受け入れること。いさぎよいこと。また、そのさま。

    1. 「なんにも言わずに、―に買っときなさい」〈里見弴多情仏心

    2. 「気遣ひしやるな、逃げはせぬと、もっとも―な白状」〈浄・淀鯉〉
  1. すぐれた才能のあること。また、その人。

    1. 「武家の棟梁 (とうりゃう) と成りぬべき―の仁 (じん) 」〈太平記・一三〉

[派生]きようさ[名]

出典:gooニュース

出典:青空文庫