• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「春秋左伝」荘公六年から。「噬」はかむ、「臍」はへその意》取り返しのつかないことを後悔すること。ほぞをかむこと。

「十年を待たずして必ず―の悔あらん」〈露伴運命