[動ラ五(四)]《「さいずる」の音変化》
  1. 小鳥がしきりに鳴く。「カナリアの―・る声」 春》「―・るも帰りがけなる小鳥かな/浪化」

  1. 口数多く早口でしゃべるのを軽蔑していう。ぺちゃくちゃしゃべる。「よく―・る女の子だ」

  1. 地方の人や外国人などが耳慣れない言葉でしゃべる。

    1. 「そこはかとなく―・るも、心の行く方 (へ) は同じこと」〈・須磨〉

[可能]さえずれる

出典:青空文庫

出典:gooニュース