1. 打楽器の一。長方形の扁平な竹片を両手に2枚ずつ握り、曲節に合わせてカスタネットのように打ち鳴らす。かつては放下師 (ほうかし) などが用いた。現在は民俗芸能・歌舞伎下座音楽・舞踊などで用いられる。

  1. 歌舞伎下座音楽の一。大道芸人のうたう四つ竹節を取り入れたもので、三味線と四つ竹を伴奏とする唄または合方 (あいかた) 。裏長屋・貧家などの世話場に用いる。

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉