• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

四十不惑の解説 - 学研 四字辞典熟語

人は、四十歳になると、自分の生きてきた道に自信を持ち、あれこれ迷わなくなるということ。
注記
「四十しじゅうにして惑まどわず」と読み下す。孔子こうしが自分の生涯を顧みて、学問に自信を持ち、進むべき道を確信したと言ったことから、四十歳を「不惑ふわく」というようになった。
出典
『論語ろんご』為政いせい
用例
私は「四十にして不惑まどわず」という言葉の裏に四十は惑い易い年齢であるという隠れた意味を認めたい。〈寺田寅彦・厄年とetc.〉
類語
五十知命ごじゅうちめい 三十而立さんじゅうじりつ 十五志学じゅうごしがく 六十耳順ろくじゅうじじゅん

キーワード[年齢]の四字熟語