《「してんおう」の連声 (れんじょう) 

仏教の四人の守護神。東方の持国天、南方の増長天、西方の広目天、北方の多聞天のこと。帝釈 (たいしゃく) 天に仕え、八部衆を支配する。甲冑 (かっちゅう) をまとった武将の姿で表され、足下に邪鬼を踏まえて本尊を四方から囲んで配される。中国・朝鮮・日本で早くから四天王の護国信仰が広まり、法隆寺金堂木彫像・東大寺戒壇塑像など数多く造像された。四大天王。
ある部門や臣下・弟子などの中で、最もすぐれている者4人の称。碓井貞光 (うすいさだみつ) 卜部季武 (うらべのすえたけ) 坂田金時 (さかたのきんとき) 渡辺綱 (わたなべのつな) 頼光四天王など。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉