• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

抄物 (しょうもの) の一。25巻。笑雲清三 (しょううんせいさん) 編。天文3年(1534)成立。蘇東坡 (そとうば) の詩の注釈で、瑞渓周鳳 (ずいけいしゅうほう) ・大岳周崇 (たいがくしゅうすう) ・一韓智翃 (いっかんちこう) ・万里集九 (ばんりしゅうく) の四人の説を集約して自説を加えたもの。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉