• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

矢羽根の矧 (は) ぎ方の一。矢羽根を矢柄の四方につけること。狩股矢 (かりまたや) などに用いる。