• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、一条天皇のころに、才芸の特にすぐれているといわれた四人の納言。権大納言藤原公任 (ふじわらのきんとう) ・権中納言藤原斉信 (ふじわらのなりのぶ) ・権中納言源俊賢 (みなもとのとしかた) ・権中納言藤原行成 (ふじわらのゆきなり) 

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉