• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

釈迦 (しゃか) が太子だったとき、王城の東西南北の4門から出遊して四つの出来事を見て出家の決意をしたこと。東門を出てつえにすがる老人を見て、生あれば老あるを悟り、西門を出て病人に会い、生あれば病あるを知り、南門を出て死人に会い、生あれば死あるを知り、北門を出て高徳の沙門 (しゃもん) に会い、出家修行の志を立てたという。四門出遊。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉