• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏語。真の仏の智慧からみれば誤っている四つの考え。無常を常、苦を楽、無我を我、不浄を浄と思う凡夫のまちがった考え。また、涅槃 (ねはん) の実相に対して、常を無常、楽を苦、我を無我、浄を不浄と誤り解すること。四倒。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉