1. 回すこと。回転させること。「皿―」「ねじ―」

  1. 人や物、また物事を、順に移したり送ったりすること。「患者のたらい―」「返済を翌月―にする」「後―」

  1. からだに巻いたり、まとい着けたりするもの。

    1. ㋐ふんどし。特に、力士が腰に着ける締め込み。

    2. ㋑「化粧回し」に同じ。

    3. ㋒「二重回し」に同じ。 冬》

  1. 遊女が複数の客をかけもちでとること。

  1. 金銭のやりくり。また、利益の上がるように金銭を運用すること。

    1. 「米の売り様、金銀の―をだに心得たらば、召し抱へられん」〈仮・浮世物語・一〉

  1. 会合などを輪番で行うこと。

    1. 「言ひ合はせて随意講の―始まれり」〈咄・醒睡笑・六〉

  1. 上方で、私娼である白人 (はくじん) の元締め。

    1. 「元は牢人衆の娘御達とやら、と早偲ばしく詞残して、―が方へ走り行き」〈浮・禁短気・三〉

  1. 回し方」の略。

    1. 「あっちらの大尽がやけを起こして、やり手や―を呼んで」〈黄・艶気樺焼

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[冬/生活]の季語

出典:青空文庫

出典:gooニュース