• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

回天事業の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

天下を一変させるほどの大きな事業。世の中の情勢を変えてしまうほど大きな事業。▽「回天」は天を回転させる意。天下の形勢を一変すること。「回」は「廻」とも書く。
句例
国家の回天事業に携わる
類語
回天之力かいてんのちから 図南鵬翼となんほうよく 図南之翼となんのよく

回天事業の解説 - 学研 四字熟語辞典

天地をひっくり返すほどの大きな事業のこと。
注記
「回天」は、天を回転させる意から転じて、天下の情勢を一変させること。「回天」は、「廻天」とも書く。
表記
「回天」を「回転」と書きちがえない。
用例
その企計するところの多端複雑、名状すべからざるをもつて、なほかつ回天の事業は近からず。〈北村透谷・泣かん乎笑はん乎〉
類語
回天之力かいてんのちから

キーワード[事業・大事業]の四字熟語

キーワード[変化・変動]の四字熟語