• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸前期の仮名草子。鈴木正三作。寛文元年(1661)刊。仏教の因果話を中心に、諸国の怪異・奇談を談義調でつづったもの。片仮名本3巻は義雲・雲歩編。先に出た平仮名本6巻は恵中編か。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉