• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

物事には、その内部に自らを害するものが必ずあるということのたとえ。