• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、職写田 (しきしゃでん) に準じて諸国に設けられた不輸租田。調物を納めず、計帳の申告がない戸の田を没収して公用に充てた。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉