• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 浄瑠璃の流派の一。享保(1716~1736)初期、一中節から一派を立てた都国太夫半中が始めたもの。のち宮古路 (みやこじ) 豊後と名のったので、豊後節とよばれる。半中節。宮古路節。

  1. 1から分かれて上方 (かみがた) で行われた浄瑠璃の諸流の総称。薗八 (そのはち) 節繁太夫節正伝節など。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉