• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日本神話の神。「日本書紀」では、天地開闢 (かいびゃく) のときあらゆる神に先立って現れた第一神。国土生成の中心的神とされる。「古事記」では、国常立神の名で、第6番目に現れた神。国底立尊 (くにのそこたちのみこと) 。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉