律令時代、国司が特定の神社に奉る幣帛 (へいはく) 

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉