• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古代、宮中で元旦をはじめ数々の節会 (せちえ) に、国栖1が参内し、土地の御贄 (みにえ) を献じ、歌舞や笛を奏したこと。平安時代以降、国栖人 (くずひと) の参仕が絶え、雅楽寮の楽人により代奏された。