• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古代の宮中の節会 (せちえ) に、国栖人 (くずびと) が行った歌舞。→国栖の奏 (そう)