• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

すべての国民を対象とし、その老齢・障害・死亡に関して給付を行う年金制度。昭和34年(1959)制定の国民年金法により創設、厚生年金などの適用を受けない者を対象としたが、昭和61年(1986)から基礎年金を柱とする新制度となった。給付には、老齢基礎年金障害基礎年金遺族基礎年金のほか、付加年金・寡婦年金および死亡一時金がある。

出典:gooニュース