• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世の金融業者。現在の質屋にあたるもので、質物保管のための土蔵を建てていたのでこの名がある。鎌倉時代より発生し、室町時代に京都・奈良で発展、幕府は土倉役を課して大きな財源とした。資本のある酒屋などの兼業も多く、たびたび土一揆 (つちいっき) の襲撃を受けた。つちくら。とくら。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉