• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安中期から鎌倉時代、現地の国衙で実務を行った介 (すけ) 以下の役人。本来は在庁と官人からなるが、のち区別がなくなり、在庁と略称されるようになった。