• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地方公共団体の財源確保のために徴収される、ガソリンにかかる国税揮発油税とともに国が収納したあと各地方に譲与される。昭和30年(1955)に道路特定財源地方道路税として創設されたが、平成21年度(2009)から現名称に改められ一般財源化された。揮発油税と合わせて「ガソリン税」と通称する。→道路整備事業財政特別措置法