(梵)naraka(那落迦)、niraya(泥黎)の訳。地下の牢獄 (ろうごく) の意》

  1. 仏語。六道の一。この世で悪いことをした者が死後に行って苦しみを受けるという所。閻魔 (えんま) 大王が生前の罪業を裁き、獄卒の鬼が刑罰を加えるという。八熱地獄八寒地獄などがある。地獄道。奈落 (ならく) 。⇔極楽

  1. キリスト教で、神の教えに背いた者、罪を犯して悔い改めない魂が陥って永遠の苦を受け、救われないという世界。⇔天国

  1. イスラム教で、この世の終末に復活して受ける審判によって、不信仰者や不正を行った者が永劫の罰を受ける所。罪人であっても信仰者はやがて天国に入れられる。ジャハンナム。

  1. 非常な苦しみをもたらす状態・境遇のたとえ。「試験地獄」

  1. 火山の、絶えず噴煙が噴き出している所。また、温泉地で絶えず煙や湯気が立ち、熱湯の噴き出ている所。「温泉場の地獄巡り」

  1. 劇場の舞台の床下。奈落 (ならく) 。

  1. 下等の売春婦。私娼 (ししょう) 。

    1. 「君も巴黎 (パリイ) の―の味まで知ったなら」〈魯庵社会百面相

[補説]作品名別項。→地獄
《原題、(フランス)L'Enferマロの詩集。1526年、四旬節に肉食をした罪で投獄された際に書かれた詩を、1542年にエチエンヌ=ドレがマロに無断で出版したもの。
《原題、(フランス)L'Enferバルビュスの長編小説。1908年刊。パリの下宿に住む詩人が、自室の壁の穴を通して、隣室で起こるさまざまな人間劇を目撃する。
中川信夫監督による恐怖映画。昭和35年(1960)公開。出演、天知茂、三ツ矢歌子、沼田曜一ほか。

出典:gooニュース

出典:青空文庫