• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地上に起こるいろいろの響き。

「天籟か、―か、我が此の心に真個革命の猛火を燃やしたのであった」〈木下尚江良人の自白