• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

坂東真砂子の解説 - 小学館 大辞泉

[1958~2014]小説家。高知の生まれ。イタリアでインテリアデザインを学び、帰国後、児童文学を執筆するようになる。その後、民俗的な素材や方言を多用したホラー作品を執筆し、「山妣 (やまはは) 」で直木賞受賞。他に「死国 (しこく) 」「曼荼羅道」「桃色浄土」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉