• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
    1. ㋐僧の住居。僧房。房。転じて、僧侶。「師の坊」

    2. ㋑寺社が信者のために設けた宿泊所。宿坊。

  1. 幼い男の子に対する愛称。また、その自称。「坊をつれて散歩に行く」

  1. 奈良・平安時代の都城の行政区画の一単位。平安京では、東西南北の大路に囲まれた区域。1坊は4保で4町四方。また、その大路をいう。

  1. 皇太子の居所。東宮坊 (とうぐうぼう) 。また、皇太子をいう。東宮。

[接尾]
  1. 人名に付いて、親しみや軽いあざけりの意を表す。「お花坊」「けん坊」

  1. 人の様態を表す語に付いて、そういう人である意を表す。「暴れん坊」「けちん坊」「朝寝坊」「風来坊」

  1. 僧侶の通称や坊号などの下に添えて用いる。「武蔵坊弁慶」「法界坊」

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉