《「」は接頭語、「ます」は尊敬語動詞》

[動サ四]
  1. あり」「居 (お) り」の尊敬語。いらっしゃる。おありになる。

    1. 「言ひつつも後 (のち) こそ知らめとのしくもさぶしけめやも君―・さずして」〈・八七八〉

  1. 行く」「来 (く) 」の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。

    1. 「立ち別れ君が―・さば磯城島 (しきしま) の人は我じく斎 (いは) ひて待たむ」〈・四二八〇〉

  1. (補助動詞)

    1. ㋐(形容詞・形容動詞の連用形、断定の助動詞「なり」の連用形「に」などに付く)「」「である」の意の尊敬語。…でいらっしゃる。

      「汝 (な) こそは男 (を) に―・せば」〈・上・歌謡〉

    2. ㋑(動詞の連用形に付く)動作の継続の意を添える「あり」、経過・移動の意を添える「行く」「来 (く) 」などの尊敬語。…ていらっしゃる。…ておいでになる。

      「松柏 (まつかへ) の栄え―・さね貴き我 (あ) が君」〈・四一六九〉

[動サ変]
  1. 1に同じ。

    1. 「かくてのみ―・するがいとほしや」〈落窪・一〉

  1. 2に同じ。

    1. 「右大将の宇治へ―・すること、なほ絶え果てずや」〈・浮舟〉

  1. (補助動詞)

    1. 3㋐に同じ。

      「みづからが小童 (こわらは) にてありし時、ぬしは二十五六ばかりの男 (をのこ) にてこそは―・せしか」〈大鏡・序〉

    2. 3㋑に同じ。

      「をこなりと見て、かく笑ひ―・するがはづかし」〈・二七八〉

[動サ下二]を下二段活用化して、使役の意をもたせたもの》
  1. 「あらしむ」「行かしむ」などの、使役の対象を尊敬していう。いらっしゃるようにさせる。おいでいただく。

    1. 「他国 (ひとくに) に君を―・せて何時 (いつ) までか我 (あ) が恋ひ居 (を) らむ時の知らなく」〈・三七四九〉

  1. (補助動詞。動詞の連用形に付く)…ていらっしゃるようにさせる。

    1. 「いかならむ時にか妹をむぐらふの汚なきやどに入れ―・せてむ」〈・七五九〉

[補説]で、上代には四段活用だったものが、平安時代にはサ変に変化した。ただ、漢文の訓読には四段活用が残った。また、平安時代の和文では、同義の「おはす」「おはします」の使用が普通。

出典:青空文庫