坪内逍遥の解説 - 小学館 大辞泉

[1859~1935]評論家・小説家・劇作家。美濃の生まれ。本名、雄蔵。別号、春廼舎朧 (はるのやおぼろ) など。文学論「小説神髄」、小説「当世書生気質 (とうせいしょせいかたぎ) 」を発表、写実主義を提唱し、日本の近代文学の先駆者となった。明治24年(1891)「早稲田文学」を創刊。シェークスピアの研究・翻訳や、文芸協会を主宰して演劇運動にも尽力。他に戯曲「桐一葉」「新曲浦島」「役 (えん) の行者」など。

坪内逍遥の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
岐阜県美濃加茂市
生年月日
1859年6月22日 ふたご座
没年月日
1935年2月28日(享年75歳)
別表記
坪内 雄蔵

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉