• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸初期に、山崎闇斎が提唱した神道説。儒教、特に朱子学吉田神道伊勢神道などを集大成した独自の思想。天照大神 (あまてらすおおみかみ) 猿田彦神を最も崇拝し、「日本書紀」を重視するとともに、儒教的な敬 (つつし) みの徳や天と人との融合を説く。また、神道の核心は皇統の護持にあるとする。山崎神道。しでます神道。垂加流。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉