• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

垢離を掻 (か) く」に同じ。

「明方の三時から、夜の白むまで垢離取って」〈鏡花歌行灯