• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「かきしろ」の音変化》

  1. 垣の代わりとして用いる幕。帳 (とばり) を隔てとして用いるときの呼び名。

  1. 青海波 (せいがいは) の舞楽のとき、庭上に垣根のように立ち並ぶ楽人の称。

    1. 「四十人の―、いひ知らず吹き立てたる物の音 (ね) ども」〈・紅葉賀〉