• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(フランス)D'un château l'autreセリーヌの小説。1957年刊。「」「リゴドン」と併せて「亡命三部作」「ドイツ三部作」などとよばれる作品群の第1作目。戦時中の対独協力を疑われ、長く文壇から黙殺されていた著者の再評価のきっかけとなった。