• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

梶井基次郎の短編小説。大正14年(1925)同人誌「青空」に発表。昭和6年(1931)刊行の作品集「檸檬」に収録。前年の夏に梶井が結核療養のため、姉一家の住む三重県の松阪町(現松阪市)に滞在した経験がもとになっている。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉