• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

志賀直哉の小説。大正6年(1917)発表。小動物の死を見つめ、人間の生と死の意味を考えた心境小説。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉