• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

昭和51年(1976)の防衛大綱で示された、防衛力整備に関する基本概念。日本が周辺地域の不安定要因とならないように、独立国として必要最小限の防衛力を保有する、という考え方。平成22年(2010)の防衛大綱改定で、同構想に代わって、機動性・即応性を重視した動的防衛力の構築を目指す方針が示された。

[補説]基盤的防衛力とは、後方支援体制を含む防衛上必要な機能を備え、平時は十分な警戒態勢をとり、限定的かつ小規模な侵略にも対処することができ、情勢の変化に応じて新たな態勢に円滑に移行し得るよう配慮された防衛力を意味する。