• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

堅白同異の解説 - 学研 四字辞典熟語

まったく矛盾することを無理やりこじつけることのたとえ。詭弁きべんを弄ろうすることのたとえ。
注記
「堅白同異の弁」の略。「堅白異同けんぱくいどう」ともいう。
故事
中国戦国時代、趙ちょうの公孫竜こうそんりゅうは「堅くて白い石は、目で見ると白いことはわかるが、堅さはわからない。手でさわると堅いことはわかるが、色はわからない。だから堅い石と白い石とは異なるもので、同一のものではない」という論法で詭弁を弄した。
出典
『公孫竜子こうそんりゅうし』堅白論けんぱくろん

堅白同異の解説 - 小学館 大辞泉

《公孫竜「堅白論」から》中国、戦国時代に、公孫竜の説いた詭弁 (きべん) 的命題。堅くて白い石があるとき、「堅さ」と「白さ」とは、別個の認識であるが、存在としては一つのものである、という考え方の違いを論じるもの。

キーワード[強引]の四字熟語

キーワード[こじつけ]の四字熟語