[動ア下一][文]こら・ふ[ハ下二]
  1. 苦しみなどに、耐えてがまんする。しんぼうする。「痛みを―・える」「飢えや寒さを―・える」

  1. 感情などを、抑えて外にあらわさない。「怒りを―・える」「笑いを―・える」

  1. 外から加えられた力にたえる。もちこたえる。「強烈な寄りを―・える」

  1. 堪忍する。許す。「今度だけは―・えてやろう」

[補説]「怺」は国字。
[用法]こらえる・[用法]たえる――「空腹をこらえる(にたえる)」「痛みにたえる(をこらえる)」など、上接する助詞に違いがあるが、相通じて用いる。◇「こらえる」は自己の感情の発現を押さえることに中心がある。「涙をこらえる」「怒りをこらえる」に「(に)たえる」は用いない。◇「たえる」は外部からの圧力に抵抗する点に意味の中心がある。「三〇〇〇度の高温にたえる」に「(を)こらえる」は用いない。◇「たえる」は人以外の物にも使うが、「こらえる」は人についてしか使わない。

出典:青空文庫

出典:gooニュース