[名](スル)
  1. 恩に報い、徳に感謝すること。物を贈るなどして報いること。「恵みの大地に報謝する」「報謝の念を表す」

  1. 神仏の恩に感謝し報いること。報恩のために金品を寄進したり、善行を積んだりすること。

  1. 仏事を行った僧に布施を与えること。西国巡礼者などに物を与えること。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫