[名・形動]

  1. 演劇や集会などで、その場に合わせた機転で人気を得ること。「場当たりをねらった芸」

  1. 物事に計画性がなく、目先の効果だけを考えたその場の思いつきで行うこと。また、そのさま。「場当たりな(の)言動」「場当たり的な政策」

出典:青空文庫