[動ガ五(四)]
  1. あいている箇所に物を詰めたり、覆ったりする。すき間や穴をなくする。「ふすまの破れ目を―・ぐ」「決壊部分を―・ぐ」

  1. 耳・目・口などを手で押さえて覆う。また、目・口を閉じる。「耳を―・ぐ」「口を―・ぐ」

  1. 行く手に物を置くなどして通行や流れをさまたげる。はばむ。「倒れた木が道を―・ぐ」「椅子が―・いでいて通れない」

  1. 場所を占めて、他に余地を与えない。「大きな冷蔵庫が台所を―・いでいる」

  1. 与えられた役目などを果たす。「責めを―・ぐ」

  1. (「鬱ぐ」とも書く)気分がすぐれず、ゆううつな気持ちになる。「―・いだ顔」

[可能]ふさげる
[動ガ下二]ふさげる」の文語形。

出典:青空文庫