• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 動脈瘤などの病変部にカテーテルを挿入し、プラチナ製のコイルなどの物質を詰め、内部から固めることによって破裂を防ぐ治療法。

  1. カテーテルを用いて血管を塞栓させる薬剤を注入し、血流を遮断することによって、出血を止めたり、腫瘍を縮小させる治療法。子宮筋腫肝臓癌などの治療に用いられる。