• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

塞翁失馬の解説 - 学研 四字辞典熟語

幸いが転じて禍わざわいになったり、不幸と思ったことが幸いになること。人生の幸不幸は、後になってみなければわからないということ。また、いたずらに喜んだり悲しんだりするべきではないということ。
注記
「塞翁」は、中国北方の塞とりでに住む老人のこと。中国北方の塞に住む老人の馬が、塞の外に逃げた。隣人がそれを慰めると、老人は、この不幸が幸いとならないとはかぎらないと答え、しばらくすると逃げた馬は良馬を連れて戻ってきた。隣人がこれを祝うと、この幸いが不幸にならないとはかぎらないと答えた。果たして、老人の息子が落馬し、足が不自由となった。隣人が同情すると老人は、これもいずれ福とならないとはかぎらないと答えた。果たせるかな、息子は不自由な足のおかげで、戦争に行かずにすんだという説話から。「塞翁さいおう、馬うまを失うしなう」と読み下す。「人間にんげん万事ばんじ塞翁さいおうが馬うま」の句でよく用いられる。
出典
『淮南子えなんじ』人間じんかん
類語
禍福倚伏かふくいふく 禍福糾纆かふくきゅうぼく

キーワード[禍福]の四字熟語