1. 不浄を清めたり、縁起直しのために塩を振りまくこと。また、その塩。伊豆諸島などでは海水を汲 (く) んで来て振りかける。

  1. 料理屋などの入り口に、山形に置く塩。盛り塩。

  1. 砕けて花のように飛び散る波。白波。

    1. 「百騎も二百騎も―蹴立てて押し寄せば」〈盛衰記・四二〉

出典:青空文庫