1. 各人をとりまく境遇。境涯。

    1. 「これまでの不安心な―を一歩離れて」〈鴎外阿部一族

  1. 精神・感覚の働きによりもたらされる状態。境地。

    1. 「恋とか愛とか云う―は既に通り越して」〈漱石草枕

  1. 仏語。

    1. ㋐善悪の報いによって各人が受ける境遇。

    2. ㋑「境 (きょう) 4」に同じ。

  1. 自分の力の及ぶ範囲。

    1. 「己が―にあらざる物をば、争ふべからず」〈徒然・一九三〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫